タイラバのパーツセッティング | GO GO! 師範代

タイラバのパーツセッティング

2020.01.28

 

 

 

 

タイラバのパーツセッティング

 

 

 

 

今回は、パーツセッティングの中でも一番大事な部分、

 

フックのセッティングです。

 

ズバリ釣れるセッティング方法は二種類です。

 

明石の遊漁船「 利弥丸 」考案のアシストフック無しのセッティングと、

 

フルコン仕様のアシストフック有りです。

 

 

 

 

 

利弥丸のFacebook も参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

いつもお伝えしてるように、明石海峡は潮が速く難しいといわれてます。

 

その明石海峡で毎日驚異的な釣果をあげてるのが「 利弥丸」です。

 

上記のフックセッティングは、利弥丸がテストを重ね考案したものです。

 

凄く掛かりが良くてバレにくいので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

アシストフックが欲しい方は上記をお試しください。

 

キーポイントは、アシストフックのアシストラインを、

 

やたらと長くしないことです。

 

上記の長さだと下顎か顔に掛かるのでバレないですけど、

 

長くするとヒレや胴に掛かるのでバレてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめると、

 

僕はいつも2タックルで両方試してます。

 

利弥丸仕様は、ダブルフックなので掛かりも良いし、

 

ほぼ口に2個掛かるのでバレにくいです。

 

フルコン仕様は、アシストフックがアシストとして、

 

掛かってる時とそうでない時があります。

 

アシストフックにしか掛からないバイトが取れる時があるので、

 

アシストがあって良かったと思う時もあります。

 

 

 

 

フルコンおすすめ!

 

フック:カツイチ K-1 かかりチヌ 5号 

 

 

 

 

日本の中で明石海峡のタイラバは特に難しいと言われてます。

 

初心者の方・・・タックルを揃えて 0〜1枚

 

中級者の方・・・等速巻ができるようになってレンジも探れる 3枚

 

上級者の方・・・等速巻に緩急が付けれてパーツにもこだわる 5枚

 

明石の達人・・・いつも 5枚〜10枚

 

明石の達人目指してチャレンジしてみて下さい。

 

 

 


 

 

 


 

 

 

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:350 最後に更新した日:2020/03/29

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM